会社案内 商品構成 ご注文 特殊配合 品質管理 技術資料 ブログ+ お問い合わせ
JIS認証書大臣認定書品質管理監査
平成19年10月、JIS A 5308を区分Aで認証(登録認証機関:日本建築総合試験所)を受けました。
その後、3年に1回実施される認証維持審査を平成22年、平成25年、平成28年に受審しています。
社内規格はWEB化して社員のパソコンに導入し、ペーパーレスと迅速な検索が可能になってます。
JIS規格及び社内規格に基づいた品質管理を実施すると共に、毎年実施される「全国統一品質管理監査」に合格しています。
また、平成29年12月22日付けで高強度コンクリート国土交通大臣認定を単独で取得しました。

出荷するまで 出荷後  
材料 製造工程 納入時 外部検査  
生コンクリートに使用する材料は、JIS A 5308やその他の規格・基準によって品質が規定されています。
品質確認は受入の都度及び定期的な検査(外注を含む)を行っています。
セメントの品質確認(圧縮強さ)は太平洋セメントを使用しているグループとして外注しています。
太平洋セメント株式会社
製造に使用する骨材の状態や製造時点での生コンクリートの品質を出荷前に確認します。
オペレーターによる目視検査は計量制御操作盤に組込まれたモニターで全バッチ実施しています。
出荷された生コンクリートはロット単位で荷卸し地点で検査します。
強度・セメントの種類・骨材寸法・材齢等の組合せごとに1ロットあたり3回の試験をして製品管理を行っています。
この試験は当社の製品検査のために実施するもので、お客様から試験を依頼された場合は、代行試験になります。
秋田県で毎年9月~10月に行われる全国統一品質管理監査を受けています。
平成9年から最新の監査まで毎回合格しています。
その他、日本建築総合試験所によるJIS認証維持審査を3年ごとに受けています。
 
Date:2016-12-05 Title:品質管理 File:QualityControl.html  平成28年度の認証維持審査を追加しました