会社案内 商品構成 ご注文 特殊配合 品質管理 技術資料 ブログ+ お問い合わせ
合格証マーク秋田県承認工場
品質管理監査制度は、生コンクリート工場の品質管理状況を第三者が客観的に検査し判定するものです。
当初、品質管理監査は各県独自の基準で行なわれていました。
平成7年12月に産学官で構成された全国生コンクリート品質管理監査会議が発足し、現在のスタイルになりました。
平成9年に第1回の全国統一品質管理監査が行なわれ、平成11年度監査からは合格証の他に“マーク”を合格工場に交付しています。
評価方法は減点方式とし、減点が20点を超える場合や実地試験で不合格の場合は不適合と判断されます。
不適合工場には勧告によって改善を求め、再度立ち入り調査等によってその状況を確認します。
合格した工場を対象に全体の10%以上の工場を無通告の査察によって、品質が適切に維持されているかを確認します。
このように品質管理監査は、生コンクリート工場の品質管理状況を中立、公正、透明に判定しています。
安定した品質の生コンを購入して頂けるためにも、是非この制度の合格工場をご確認ください。
監査の流れ 監査結果
監査の内容 地区会議 全国会議 当社の実績 今年度の監査
全国統一品質管理監査は、総括的事項の調査・個別的事項の調査・実地調査に大別され、JIS A 5308やISO 9001の要求事項に照らし合わせて監査基準が定められています。
監査は監査員2名が特別委員の立会いの下に、100以上の項目について規定の妥当性、記録の確認、実地検査を行います。
監査員からの報告を受けて集計作業や監査員会議を経て、地区会議に結果を報告します。
地区会議は合格工場を決定し、全国会議に報告します。同時にまる適マークの申請を行います。
地区会議議長は合格工場に対して合格証を交付します。
全国会議は各地区会議からの報告を集計し、結果をまとめて公表します。
地区会議から申請のあった合格工場のまる適マークの使用を承諾します。
全国会議は毎年3月までに地区会議の品質管理監査統括責任者に対して翌年度の品質管理監査説明会を開催します。
全国統一品質管理監査が行われる前には秋田県独自の基準で監査が行われていました。
初回から現在までのすべての監査で合格しています。
合格証は監査を実施した年が記載され、翌年4月1日から1年間有効になります。
まる適マークは合格した翌年のマークが配布され、4月1日から使用できます。
平成30年9月20日、国土交通省東北地方整備局秋田港湾事務所職員の立会の下に実施しました。
実地検査は21-18-20-Nの生コンクリートで行いました。
    全国生コンクリート品質管理監査会議    
Date:2018-10-04 Title:品質管理監査 File:703.html  平成30年度品質管理監査を記載しました